研修 2011年6月3日(金)

国際医療福祉大学大学院教授・竹内孝仁氏
「おむつゼロ特養ホームへの道」
おむつを外し、常食で、
尊厳あるケアを提供するのが介護のプロ

竹内孝仁先生の講演の様子


徳島県老人福祉施設協議会 平成23年度第1回施設長会が徳島市のパークウエストンで開催されました。国際医療福祉大学大学院教授・竹内孝仁氏による「おむつゼロ特養 ホームへの道」と題した講演があり、健祥会グループからも各施設長をはじめ、現場の介護職ら約100名が参加しました。

竹内先生は全国老人福祉施設協議会のブレーンとして、長年にわたり「介護力向上講座」を全国各地で開催し、介護技術の向上と、介護職の質向上にご尽力くださっている方です。


施設長会竹内先生は、「おむつをつけられたとたん、音を立てて『人間』が崩壊していく。おむつは、人間の尊厳を侵害し、身体的苦痛も与える介護という名の虐待である」「おむつを外す、尿失禁もなくす、胃ろうもなくす、これを理論的に科学的に実践していくことで、尊敬される介護職となり、社会に欠くことのできない専門職にならねば、特養の介護職に未来はない」と厳しく断じ、繰り返しの中で学び進化し自らプロになることの必要性を、熱を込めて語ってくださいました。


竹内孝仁先生講演概要

高齢者ケアの基本は、水をしっかり飲んで、普通の食事をとり、運動し、自然な排便を促すことだ。1日1500mlをめやすに水分摂取する。むくみ治療の「利尿剤」は中止する。水はいのちの源であり、水によって細胞は活性化される。介護職が水の生理学の知識を持つべきだ。高齢者の転倒リスクの第一要因は水不足だ。また、明け方に多い脳梗塞も水分が奪われることによる。

おむつ外しが特養に対する世間の認識を変え竹内孝仁先生の講演る。今、おむつ着用の全国平均は60%だが、おむつゼロ施設が、健祥会の水明荘をはじめ、全国で20数施設名乗りを上げている。今年中に50施設にはなるだろう。一方で、おむつゼロが実践できない施設がある。実現しても継続が難しいという施設がある。なぜか。プロではないからだ。科学性を見いだすことに面白みを感じ、繰り返しの中で学び進化し、自らプロになることこそ必要だということを、しっかりと認識しなければならない。

日中おむつゼロとはトイレで排便するということ。そのためには排便リズムの安定化と便意の回復を図ることが必要。だから下剤を中止する。下剤を使わずに便秘を治すには、規則的生活、常食、食物繊維、水分1500cc以上、運動、定時排便、座位排便の7つのケアが大事。そして水こそが便秘の特効薬である。
認知症の夜間せん妄は水不足によるものであり、水分摂取を増やすと日中は覚醒し、夜間は良眠を得られる。脱水と便秘を防ぐことが認知症ケアの基本である。

また、ペーストやミキサー食は言うに及ばず、刻み食もおかゆも人間の食べる物ではない。常食に勝るモノはない。高齢者ケアの基本は「水」「食事」「排便」「運動」の4つの要素の連動なのだ。

過去の記事へ