教育・保育 2011年4月4日(月)

3・4・5歳児からの教育が人生のスタート
たくましいグローバル人材を育てるために


1
2

地満開の桜のもと、青嵐保育園に15名の新入園児を迎え、入園式が行われました。在園児達の元気な「君が代」斉唱に続き、中村博彦理事長からお祝いの挨拶があり、「東日本大震災に向き合い、私たちは日本人の心を取り戻し、変わっていかねばならない。アジアの人々の力を借りて日本復興を果たしていかねばならない。10年後、20年後、アジアは間違いなくひとつになる。そういう時代に、たくましいグローバル人材を育てるのが青嵐保育園はじめ、健祥会グループ3保育園のつとめだ。3・4・5歳児からの教育が人生のスタートだと心得、さらに力を入れていく。『礼儀』や『感謝』、二宮金次郎が教える三徳『孝・勤勉・学問』の心を育み、英語力をつくり、どこにも負けない教育を実践する」と、保護者に向けて教育への思いが語られました。新入園児達には二宮金次郎の絵本が贈呈されました。 来る4月24日には第5回健祥会グループ教育保育フェスタが開催されます。どうぞふるってご参加ください。 教育保育フェスタチラシ(PDFデータ623KB)。

過去の記事へ