イベント 2017年11月11日(土)

11月14日は世界糖尿病デイ
むくの木クリニックで啓蒙講座開催

むくの木クリニックの副院長三浦眞司医師は糖尿病治療のエキスパート。11月14日の世界糖尿病デイにあわせて、患者さんや地域の皆様に向けた啓蒙講座を開催しました。

徳島市国府町の「むくの木クリニック」

代表的な生活習慣病である糖尿病は、脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こすとともに,失明や腎不全などの原因ともなる重大な疾患です。徳島県では、長らく「糖尿病死亡率全国ワースト1位」という不名誉に甘んじていましたが、「みんなでつくろう!健康とくしま県民会議」を設立し、健康づくりに関する取り組みを進め、ワースト1位を脱却。とはいえ、まだまだ全国ワースト8位です。

バンド演奏も交えて
楽しい講座

三浦副院長は、糖尿病のメカニズムと、食事とからだの機能やホルモン分泌との関係を解説。時間栄養学の観点から、いかに規則正しい生活と食習慣、そして運動が大切であるかをお話しました。

レクチャーのあとは、音楽好きの副院長と事務職員らによる即席バンド「センチメンタルむくの木ハウス」が軽音楽の演奏をプレゼント。心をにっこりリラックスさせた後、理学療法士とともに体操でからだもリラックスさせました。最後のメニューは散歩。2Kmの道のりを30分ほどかけて歩き、程よい運動ができました。



糖尿病は1に食事2に食事3、4がなくて5に運動、そして0が教育だとのこと。こうした啓蒙講座を今後も地域に向けて開催してまいりますので、ふるってご参加ください。

過去の記事へ