認定・表彰 2016年3月3日(木)

おもてなしの心で移住をサポート!

「とくしま移住サポート企業」として徳島県と協定締結

“人口減少の克服”と“東京一極集中の是正”による「地方創生」をめざし、全国に先駆けて地方創生総合戦略に取り組む徳島県。「住んでみんで徳島で!」県民会議を設置して徳島への移住促進にも力を入れており、その一環として、移住を検討している方に「おもてなし」情報を提供するために、「とくしまで住み隊」への登録制度を開始することになりました。

移住希望者の登録開始に先立ち、行政のサポートだけでなく企業・団体にも「とくしまで住み隊」へのおもてなしを実践してもらおうと、県は「とくしま移住サポート企業」を募集。健祥会グループも名乗りを上げ、このほど県との協定締結式が行われました。


第二回「とくしま移住サポート企業」に関する協定締結式には県内企業団体25社(内出席21社)が参加。飯泉嘉門徳島県知事から、「『知恵は地方に有り』というキャッチフレーズ発祥の地である徳島は、サテライトオフィスの先進性では高い評価を得ており、地方への移住促進についても先駆的に取り組んでいきたいと考えています。第一陣、そして本日の第二陣を合わせて、今年度58企業団体と協定締結していただくことができました。お遍路さんへのお接待の文化を長年培ってきた徳島ならではの『おもてなし』の心をそれぞれの得意分野で発揮して、『とくしまに住み隊』の皆さんをサポートしてください。地方創生のモデル、日本創生の礎を徳島から発信できますよう、どうかご協力よろしくお願い申し上げます」との挨拶をいただき、締結書が交わされました。


健祥会グループでは独自のプロジェクトとして「ええやん徳島」推進事業に取り組み、京阪神地区から、仕事の場、保育の場、心豊かな生活の場がある徳島への移住のためのご縁づくりを行っています。この事業と並行し、「とくしま移住サポート企業」として、徳島県をあげての移住促進に協力してまいります。「とくしまで住み隊」応援については、サービス付き高齢者住宅の敷金無料という特典を提供、行政だけでなくたくさんの民間の支えが移住を考える方の徳島選択の後押しになりますよう願っています。

「とくしま移住サポート企業」が提供するおもてなしサービス


徳島新聞2016/02/26掲載
■徳島新聞(2016/02/26掲載)
過去の記事へ